電話占いで損しないためのマニュアル

電話占いに興味があるものの、値段が気になる、聞きたいことが聞けずに終わってしまうかもしれないなどの不安を感じており、なかなか電話占いを試してみることができないというような人も多いのではないでしょうか。
そこで、予算内で伝えたいことをしっかりと伝えて安心して占いを楽しむためのポイントをご紹介します。

【伝えたいことは紙に書き出す】

電話占いは顔が見えないため、言いたいことを話すことができるからと考えて電話をされる方も多いのですが、いざ話し始めると話したいことが何かを忘れてしまったり、終わってから聞き忘れてしまったというようなことも起こり得ますので、占いでどのようなことを解決したいのかということを事前にまとめておき、占い師の方にもスムーズに見てもらいたい内容が伝えられる状態にしておきます。

今の仕事を変えようかと考えている場合には
「なぜ変えたいと思っているのか」
「いつからそう考えるようになったのか」
「決断できない理由」ということを書き出しておき、
占いで「転職のタイミングを知りたい」「このまま続けるべきなのか知りたいなど」など知りたいことを書きとめておくことを忘れないでください。

【タイマーをセットしておく】

電話占いで一番多い悩みは、話が弾んで聞きたいことがどんどん出てきていつの間にか何時間も利用していたということも起こりえます。
そのため、あらかじめ利用を時間を決めてタイマーをかけておきます。
予定時間の5分前にタイマーをかけて、聞きたいことをしっかりと聞き、二度目は終了予定時間にセットしておき終了するという工夫が必要です。
聞きたいことがまだ残っていても、今度聞くという意識で終了する勇気を持ってください。
一度電話を切ることで占ってもらった内容をまとめることができるからです。

【小分けに利用】

電話占いを利用し、その一回の利用で占いで聞きたかったことを全て聞くというのではなく、小分けに聞くことが大切です。
占いを利用される方は一つの悩みではなく複数聞きたいことがあるかもしれませんが、一度で全てを聞こうとするとなかなかまとまらないということもあります。
そのため、一度の利用では一つのことを占ってもらうということを意識します。

今回は仕事について聞く、今度は人間関係について不安なことを聞くなど電話占いにおいても今回のテーマをしかりと決めて占ってもらうことでより詳しく占ってもらえますので、明確な答えを聞くことができる可能性が上がりますし、長時間の利用を抑えることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です