電話占いで損しないためのマニュアル

家にいながら、全国各地にいる占い師と電話1本で繋がることができるのが便利な電話占い。

会員登録も無料のところばかりで、気軽に悩み相談できるのが魅力です。

しかし、メリットばかりに見える電話占いにもいくつか注意点があります。

手軽な分費用がかさみがち

電話占いサービスは、多くのサイトで1分ごとの課金制です。
話しをした時間に比例して利用料金も高くなっていきますが、1分間数百円程度と安そうに見えても、頻繁にかけてしまっていては思った以上に費用がかかります。

サービスによっては鑑定料金にプラスして通話料も利用者持ちのところがありますので、最初に予算を決定してからオーバーしないように気をつけつつ相談してください。

なお、占い師の中には、利用料金引き上げのために引き延ばしをしてくるかたもいます。十分に注意しましょう。

鑑定方法が限られてしまう

対面占いとは異なり、直接手相や顔相を視ることができないなど、鑑定の方法にある程度の制限があります。
タロットカードや四柱推命、霊感霊視や波動修正など扱っているものは多岐に渡っていますが、直接コミュニケーションを取れない分、やり取りがスムーズにいかないことも起こりがちです。

状況説明や聞きたいことなどある程度話したいことを整理、準備をしてから電話をかけるのがおすすめです。
どうしても顔を見ながら鑑定をしてほしい、占っている様子を知りたいという場合には、ビデオ通話対応のサービスを利用するといいでしょう。

占い師の実力差が大きい

電話占いサービスでは、占い師を採用する際に厳しい審査基準を設けているものの、その中で実力差も生まれてしまいます。
新人もいれば何十年も占いをしているベテランがいますし、鑑定歴が長くても人気が低いかた、逆に当たると評判になっていてなかなか予約が取れないかたなどさまざまです。

せっかく占ってもらっても、満足度は占い師の実力や相性にも作用されがち。
しかし、納得のいかない結果になっても利用した分の料金は返ってきません。
占い師探しは慎重に行いましょう。

思い立った時にいつでも相談可能なのが電話占いのメリットですが、反面依存しやすいというのも大きなデメリットです。
電話をかける前にどういった相談をするのか、どんなことを聞きたいのかを整理し、そして予算を設定した上で、自分に合っている占い師をじっくり探して利用してください。

上手に使っていけば、いざという時に頼りになる存在を身近に作ることができ、心強い味方になってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です