電話占いで損しないためのマニュアル

悩みや心配事が生じた時に、すぐに電話でプロの占い師に鑑定して貰えれば、これからどの様にすれば良いのか分かってスッキリできます。
しかし、電話占いというのは本当に当たるのでしょうか。
同じ占って貰うならば、より当たる率を上げる為に、何かしておくべきことはあるのでしょうか。
今回は、電話占いをする前に心得ておくべき点について紹介します。

占ってもらう内容をまとめておく

電話占いは、相手の顔が見えないというメリットはありますが、それだけ会話に頼らなければなりません。
いざ悩み事を相談しようと思ったら、うまく内容を説明できずに、正しく鑑定できないということもあるのです。
簡単そうな恋愛の相談も、占い師にとっては全く面識のない人ですから、関係や雰囲気がうまく伝わるとは限りません。
電話なので気軽に話せると思っていると、肝心な点を言い忘れてしまうかも知れません。

電話占いをする時には、あらかじめ占ってもらいたい内容をまとめておきましょう。
人間関係の相談の場合、相関図などを書いておくと、説明し易くなります。
占い師にクリアにイメージしてもらい、より正しく鑑定して貰いましょう。

何を占って欲しいのかを明確にしておく

電話占いは、20分単位など、コマ割りで料金が決まっています。
だらだらと喋っているといつの間にか時間が経ってしまっていることになります。
その中で、複数のアドバイスを受けるとなると、ひとつの内容に対するアドバイスが薄くなってしまうでしょう。
あれもこれもとアドバイスを欲張っていると、占い師もハッキリとしてイメージがつかみにくくなってしまいます。

電話占いをして貰う時には「何を占って欲しいのか」を明確しておきましょう。
「この後どうなるかを知りたい」「こんな結果にする為にどうしたらよいのか知りたい」「相手の気持ちを知りたい」など、質問事項を明確にしておけば、占い師もそれに集中して鑑定できるので、当たり易くなります。

占い師の得意な占術を把握しておく

電話占いでは、多くの場合「恋愛・仕事・人間関係」など、あらゆる悩みに対応しています。
しかし、占術によっては「見えにくい、見えやすい」という向き不向きがあるのです。
例えば、タロット占いは将来何が起きるかに向いている、霊感占いは相手が何を考えているのか占うのに向いている、などがあります。

電話占いを受ける前に、占い師がどの様な占術を用いて、どの様なジャンルが得意かを確認しておきましょう。
複数の占い方法を習得している占い師の場合、その時にインスピレーションを感じやすい占術を選んで使いますので、より当たる確率が高くなります。

おわりに

せっかく電話占いをするのですから、より満足のいく鑑定をして貰いたいものです。
自分から「是非占って貰いたい」という意思表示をして、占い師のインスピレーションを引き出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です